無料ブログはココログ

« タヒチ●大統領府への表敬訪問 | トップページ | タヒチ●花 »

2009年12月29日 (火)

タヒチ●マルセル・タイさんのアトリエ

Img_0003

ribbon マルセルさんご夫妻と世界文芸社社長

Photo_3

Th012

Gauguin_nous00

ribbon 幅3.8mもある超!有名な作品

『われわれはどこから来たのか われわれは何者か われわれはどこへ行くのか』

コレが、ゴーギャンの最後の作品です。

意識がもうろうとする中「もうこれで終わりだ」と思いながら描かれた作品だそうですが、実際は、生命感にあふれた最高傑作となりました。

ボストン美術館に納められているそうです。

Photo_6

ribbon あの巨匠ポール・ゴーギャンの直系のお子さんや孫さんたちが大勢いらっしゃるそうですが、その中で、孫のマルセル・タイさんが、ゴーギャンの作品を大切に大切に守っておられるようです。

残念ながら、本物の作品はすべて、世界の有名美術館に納められていて、マルセルさんの手元にあるのは、2人の画家が描いた複製のみでした。

美しい海や緑・花が見下ろせる高台の一角にご自宅とアトリエがあり、お招きいただきました。

まるで、お花御殿 
中国人の素敵な奥様もお花が大好きとのことで、二人でお花の世話に余念がないようです。

 
   

« タヒチ●大統領府への表敬訪問 | トップページ | タヒチ●花 »

タヒチ:ネオ ジャポニズム イン タヒチ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1313451/32777832

この記事へのトラックバック一覧です: タヒチ●マルセル・タイさんのアトリエ:

« タヒチ●大統領府への表敬訪問 | トップページ | タヒチ●花 »